フィギュアの高価買取

売れないフィギュアはあるのか

どんな状態だと買取拒否なのか

フィギュアは新品で購入する際には、箱に入っています。しかし、箱から出して飾ると箱が邪魔になってしまうでしょう。そのため、箱を捨ててしまう人も少なくありません。後で要らなくなったフィギュアを中古として売る際に、箱がないから買取を拒否されてしまうのではないかと思ってしまう人もいるかも知れません。また、落としてしまって、傷が付いたり少し壊れたりすることもあるでしょう。そういったフィギュアは、買取してもらえないものだと考えて、最初から諦めてしまう人も多いです。

しかし、箱がないフィギュアや、少し壊れてしまったフィギュアでも、買取してくれる業者はたくさんあります。壊れている場合は、査定額は半分以上低くなってしまいますが、捨ててしまうよりはいいでしょう。箱なしの場合は、お店によって異なりますが、概ね1割から2割程度安くなるだけです。ただ、お店によっては買取拒否という対応をしているところもあるため、前もって確認しておきましょう。

壊れたフィギュアに関しては、その状態により買取拒否になってしまうこともあります。例えば損傷度合いが激しい場合です。真っ二つに割れているフィギュアや、意図的に穴を空けてしまったフィギュアなどは、買取が難しくなります。壊れているフィギュアは、修復して売り出されるためです。修復が難しいフィギュアは、それだけ買取拒否されてしまう可能性が高くなります。同じ理由で、魔改造しているフィギュアや、塗装を施している場合にも買取を断られてしまうことが多いでしょう。

また、古いフィギュアや安く買ったフィギュアを持っている人もいるかと思います。そういったフィギュアでも買取は可能です。ただし、査定額はそれなりの金額になってしまうことが多いでしょう。それでも捨ててしまうよりは、買取をしてもらった方がいいかと思います。